横浜筋トレスタジオ代表  宮原崇プロフィール

  • 1979年佐渡島生まれ
  • 2歳時に両親が離婚
  • 6歳時単身で台湾へ
  • 台湾省南投縣水里鄕玉峰村で唯一の日本人としての生活スタート
  • 9歳時母親と再会、日本に無事帰国して横浜北方町で暮らす
  • 日本語の聞き取りが出来たもののカルチャーショックで無口になる
  • 日本語教室があった学区外の元街小学校に通う
  • 友人に誘われ少年野球チーム「柏葉ジャガーズ」入団
  • 野球を始めたのをきっかけに性格が明るくなる
  • 港中学野球部主将を務める
  • 14歳の誕生日に母親にベンチプレスセットをプレゼントされる
  • 野球推薦で私立日体荏原高等学校入学
  • 怪我とメンタルの弱さで野球部を途中退部
  • 16歳の頃プロDJを志すもののセンスがなく挫折する
  • 22歳~24歳に統合失調症発症で入退院を繰り返す
  • 24歳車工場で勤めながら、週3日中華街にある空手道場に通い、読書習慣を身につけて病を克服する
  • この時心身一体の大切さを身をもって経験する
  • 26歳マイカル本牧にあったコナミスポーツでアルバイトを始める
  • この時に会員さんだったパーソナルトレーナーと出会い「パーソナルトレーナー」という職業を知る
  • 有隣堂本店で偶然見つけた「パーソナルトレーナーズ・バイブル」をきっかけに養成校に通う
  • 35歳に人体解剖をアメリカで経験して「命の尊さ」と「人体の凄さ」を知る
  • そこから数々の資格取得と研修に参加して、パーソナルトレーナーの道を歩み続ける
  • 2020年1月「日本のヘルスケアの再構築」という理念に共感して、AZCARE ACADEMYへ入学する
  • 2020年8月1日横浜本牧原に「横浜筋トレスタジオ」を創立

宮原ゆか里 プロフィール

  • 岡山県出身、父親が転勤族だった為、富山県、石川県で幼少期を過ごしたのち、横浜市に移住する
  • 富山県で通っていた幼稚園ではヨガの授業があり、これを機に5歳で初めてヨガと出会う
  • 6歳から始めたピアノをきっかけに、19歳まで音楽の道に進むが、プロの壁の厚さにぶち当たり、その後も職を転々とする
  • 20代前半に、大手スポーツクラブでヨガ、ピラティス、ダンスのインストラクターで仕事をして、それまでの経験が活かされたことで充実感を覚える
  • 新たな挑戦として、世界的に有名なゴールドジムでトレーナーとして働き始める
  • この時にボディフィットネス、パワーリフティングの大会に出場して、今まで出会ったことのない自分に出会い、筋トレの奥深さに夢中になる
  • 夫である宮原崇との間に二人の子供を授かり、出産や育児を経験していく中で、今までとは違う身体や心の変化に気付き、運動や日々のコンディションの大切さを実感する
  • 現在は妊娠、出産、育児、仕事などで、なかなかゆっくりと、心と身体に目を向けられないママさん達に向けて、女性目線からの心身共に健康のサポートをする「ママ筋トレ」が好評