· 

四月初投稿

こんにちは!横浜市中区本牧原バス停前にある横浜筋トレスタジオのパーソナルトレーナー宮原崇です。

 

四月に入り、いきなりバタバタと超多忙になり、ブログ更新できずにおりました。こうも変わるものかと思うほど、充実はしているのですが、とにかく時間が今まで以上に貴重に感じております。有限な時間をいかに有効で意義あるものに変えていくかは、環境が左右するので、当面の間FacebookとInstagramの投稿と閲覧はお休みにすることにしました。それによって仕事やプライベートの時間を有効的に活用できるのではないかと、考えております。

 

SNSに使用する時間は1日にして、なんてことはないかも知れませんが、年間単位でいうと相当な時間を消費しておりますので、有益な情報発信等は今後紙媒体を中心にして、また行うタイミングが来ましたら、Facebookなどの投稿を始めたいと思います。

 

四月からこのような生活に切り替わり、まだ6日目ではありますが、明らかに変化を実感できているものが「睡眠の質」です。パフォーマンスの向上を行なっていく上で、睡眠の深さを確保することは脳の機能回復にも役立ちますので、ぜひお勧めです。ちなみに、睡眠が過度に不足している状態はアルコール摂取している時と脳内の働きが同様の反応が出ますので、要注意が必要です。

 

さて、今日は横隔膜についての話題です。横隔膜は息を吸う時にメインの筋肉であり、胸部の筋肉の一部として存在しています。この筋肉の変わっているところはドーム型になっており、胸、肋骨、腰から腱中心という場所にかけてついております。この横隔膜を食道や血管、神経が貫く形状になっており、かなり面白い構造となっています。

 

元々は私たちは胎生三週間くらいで横中膈というものが発生して、歩行ができるまで成長すると共に、横中膈と食道間膜が融合して横隔膜が形成されていきます。

 

人体の構造を知れば知るほど、ご自身や他人に対する愛着も増すのではないでしょうか。

 

本日はこのあたりで失礼いたします。