· 

食事による疲労回復を促す

横浜筋トレスタジオのパーソナルトレーナー宮原崇です。

 

今日は元町にあるロルフィングルーツの大橋先生にスタジオに来て頂き、当スタジオに通われている皆様に筋膜リリースを行って頂きました。筋膜リリースは日本では流行語みたいになっており、サービスを提供する側もなんでもかんでも「筋膜リリース」と名前を付ければ良い、という風潮がなんとなく違うような気がしておりましたので、横浜筋トレスタジオをご利用いただいている皆様には「本物」を知っていただく為にも、今回大橋先生にご協力を頂き、このようなイベントを開催させて頂きました。

 

ご興味ある方はぜひ、直接ロルフィングルーツにお問い合わせください。

 

さて、今回のテーマは「食事と疲労回復」についてです。

 

ダイエットを行う人がよく勘違いしているのは「とにかく食べない」「あるいはブロッコリーとささみだけを食べる」みたいなイメージがあります。実際にそのような食事をしている人もいるかと思いますが、それは何かのコンテストに出るとかの目標があり、体脂肪を一桁にしなくてはいけない、アスリートであり、健康を目的にしている人に関しては必要のない要素だと個人的に考えております。

 

食事をするという行為自体が人生の質を高めていく行為であり、毎日毎食、鳥の餌みたいな食事を常日頃していたら、精神的にも楽しくないので、あまりお勧めしません。例えば、プロテインをはじめとするタンパク質を中心とした食事には腸内細菌叢の構成異常を引きやすくしてしまうことで、「鬱や不安症」「自己免疫疾患」「アレルギー反応」「代謝疾患」「自閉症」「疼痛症候群」「脊髄損傷」と深く関連性があるということが分かってきています。

 

日常生活や仕事、運動によって与えたストレスをリカバリーして疲労回復を促す為に、ビタミンD、ビタミンC、多価不飽和脂肪酸、クレアチンなど必要ですが、サプリで補う以前に先ずは食生活を正し、きちんと必要な栄養素を摂取して、人間本来の姿である「食事を楽しむ」ということが一番の健康要素になるのではないでしょうか。

 

ぜひ、正しい食選択と食事をする時間帯を正しく行っていきましょう。