· 

歩行と筋力強化では効果が出ない理由

こんにちは!横浜筋トレスタジオの宮原崇です。

 

今日は寝たきり防止のために、生涯歩けることを目指して、懸命に筋力トレーニングを行っても直接的な効果は期待できないという話です。

 

身体の問題に対して「筋力向上」を目指す方は多いと思いますが、実際には「筋力向上をさせる運動」と「歩くための運動」は種類が異なります。

 

例えば、筋力向上代表的な種目であるスクワットはその場で下半身の屈伸運動なので「安定性戦略」と呼ばれ、歩行は常に不安定は要素が求められる場面があり、例えば片足を一歩前に踏み出して、かかとで接地するまで、全身に必要なタスクは沢山あり、それらを大まかに克服させることが求められます。

 

年齢を重ねるごとに、うまく歩けなくなるのは実は筋力の問題ではなく、脳や視覚機能の問題によるものが多く、それらを改善や対策をせずに、どんなに筋力向上したところで、逆に歩行にとってマイナスになるケースも多々ありますので、歩行改善=筋力向上で全て改善できるという考え方は現実的にはかけ離れている、と言えるかもしれません。

 

フィットネスクラブやスポーツジムでは「施設提供型」の為、こういった専門的な問題には対処出来る所はほぼ無いに等しいので「生涯歩ける身体作り」はぜひ、当スタジオをご利用ください。

 

各コースのお申し込みはホームページよりお願いいたします。