· 

今日は一歩成長の為の問題解決日!

こんばんは!横浜筋トレスタジオの宮原崇です。

今日はWi-Fi環境のトラブル解決が発生し、閉店間際の横浜西口で新たにルーター契約をして、やっとWi-Fi環境が復活して、現在の時刻22時39分。問題解決に7時間も時間を費やしてしまいましたが、経営者としての決定事項によって事柄は良くもわるくも、どちらにも転ぶことができてしまう。というお陰様学ぶことができました。経営の神様と言われている松下幸之助氏は「会社の永続と会社を潰してしまう、両者はどちらも天才的であるがその差は紙一重」と述べております。

問題解決が出来た喜びを噛み締めながら、このブログを書いております。

さて、「目」がとても大切だということを連日書いておりますが、眼球を動かすだけでなく、脳神経と身体の特徴を踏まえて、「目」の動きを作り出すことで、健康作りに役立てることができます。

しかし、一般的にはあまり知られていない健康づくりの方法ですので、今後は本牧でも普及させていく予定です。現在製作中の新ホームページでも「眼に着目」したページを作成中ですので、隙間時間を使って懸命に原稿書いておりますので、公開まで今しばらくお待ちください。

実は、視覚機能が改善することができることで、主に5つの機能改善が期待できます。

①「自律神経」:目は脳の一部だと考えられていますので、目が緊張することで、自律神経の過剰な緊張にも繋がりがますので、目の緊張や機能を改善sることで、自律神経にも良い影響が出ると考えられます。

 

②「バランス能力」:バランスを司る「前庭覚」は「視覚」と兄弟みたいな関係性を持っていますので、視覚機能が良くなることで、前庭覚にも良い影響を与えて、結果的にバランス能力の向上にも繋がります。

 

③「耳の聞こえが良くなる」:視覚は前庭覚と兄弟的な関係性となりますので、前庭覚とは耳の奥にある「三半規管」「耳石」のことでありますので、視覚機能が良くなることで、

④「筋肉や関節の動きが鋭くなる」:視覚機能が良くなることで、筋肉や関節を使う感覚も鋭くなりますので、結果的に理想的な関節動作、筋肉の伸び縮みを生み出して、筋力向上が期待できます。

⑤「体の感覚が鋭くなる」:専門的には「固有感覚」というものが強化されます。こちらは力の入れ具合や、自分がどのような位置に立っているのか、身体の内側の感覚がより鋭くなることが期待できます。

このように「視覚機能」を強化することで多くのメリットを得ることが出来ますので、やらない手はないのでおすすめです。

本日は以上です。

健康づくりの参考になれば幸いです。