· 

開業の目的を再考

こんばんは!横浜筋トレスタジオの宮原崇です。

今日も一日があっという間に過ぎて、様々な方と関わらせて頂き楽しい時間を過ごさせて頂きました。

現在ホームページのリニューアルの為に、隙間時間を使用して原稿を書くことが多いのですが、その作業をしていく中で「なぜ横浜筋トレスタジオを設立したのか?」という自問自答をする時間が何度がありました。

当たり前ですが、何も考えずにパーソナルトレーニングスタジオをコロナの真っ只中にオープンはしません。ましてや、小規模とは言え、開業するのにもそれなりにお金もかかります。例えば、マシンや器具をものすごく安く抑えて、マンションの一室でパーソナルジムを開業すれば150~200万円くらい出来てしまうかもしれませんが、僕はオタク気質というか変なこだわりをもつところがあるので、開業するにあたり、器具にはとことんこだわりを持ちました。当然自己資金では難しいところは、開業を経験する時にほとんどの人が通る道である「融資」にも頼ります。

で、本題に戻り、なぜ本牧原に開業を拘ったのか?

と再考してみたところ、実際にホームページの原稿に書いたのですが、やはり「日本における超高齢化社会」「少子高齢化」という社会問題に対して、運動指導者として出来る事を実現にしていく事だと再確認しました。

これは、後世の育成にも繋がるのですが、本物の運動指導者を育成する、地域に正しい健康法を普及させる、などを来年以降、実現に向けて行動を加速させていきたいと思います。

そういった意味でも新ホームページの完成と共に、横浜筋トレスタジオのスタートも切れる予感をしております。

さぁ〜頑張るぞー!!