· 

水分補給の目安

おはようございます!横浜市中区本牧原バス停前にある横浜筋トレスタジオのパーソナルトレーナー宮原崇です。

 

早いもので、1月も最終週になり、日々忙しさが増している今日この頃です。確定申告の時期も近づいてきているということもあり、休日の今日は1日デスクワークになりそうなので、タイマーを設定して定期的に立ち上がるように心がけたいと思います。

 

さて、水分補給について時々質問を受けることがありますので、今回はそちらについて書かせていただきます。

 

 

現在は冬という時期もあるので、夏と比較すると「脱水」についてあまり意識をされませんが、この季節でも「脱水」については意識をされた方が健康維持や運動パフォーマンス低下予防において、意識をされるのがお勧めです。

 

目安としては運動をしていなくて、デスクワーク中心で日常生活を過ごしている方でも1日に2Lは必要であり、運動をしていて仕事でも常に動き回っていて、運動習慣もある方は1日3Lは摂取します。

 

特に運動をされている方は体重の2%以上の水分が脱水状態になると、運動パフォーマンス低下に繋がるので、タイミングと質を大切にしていきたいところです。運動をされていない方でも脱水症状が起きることで、めまい、立ちくらみ、吐き気、嘔吐、頭痛などをきたしますので、特に中高年は日頃から水分補給の習慣がないため、意識しておく必要がります。

 

それでは、脱水症状になっているかどうかの指標となるものを紹介します。

 

上の写真は「尿カラーチャート」と言いまして、尿の色の濃さで現在の脱水状態を見ていくものであります。

こちらを活用して行う方法もあり、詳しく知りたい方は日本語検索で「尿カラーチャート」で情報が沢山出てきます。

 

その他、血液検査の項目で「総蛋白 7.6以上」「アルブミン 4.6以上」の場合も脱水の可能性があるので、医師や栄養の専門家と相談されることがお勧めです。

 

栄養、運動、休養のバランスを常に考慮した運動指導がご希望の方は体験からお申し込みをお願いいたします。

 

080-3505-9738もしくはホームページにてお申し込みをお願いいたします。