2ヶ月でマイナス10キロは非現実的

おはようございます!横浜市中区本牧原バス停前にある横浜筋トレスタジオのパーソナルトレーナー宮原崇です。

 

ダイエットというと男女共に外見的姿はもちろん変わるので、「見た目的要素」が強く思われると思います。実際にパーソナルトレーニングで様々な方とセッションをしていて、年代別によっても「真の目的」というのは変わるような気がしております。

 

40〜60代でのダイエットの目的として、やはり「生活習慣病」の予防・改善をしたいというニーズがとても強いです。

 

医療の分野では「肥満症」という名称がつけられており、肥満というのは高血圧、糖尿病をはじめとした様々な疾患を及ぼすので、単なる見た目の問題かではなく、ダイエットをするというのは老後の健康寿命を保つ上でも、とても大切な要素となります。

 

しかし、誰でも簡単に痩せられるという広告はたくさんあり、「楽して痩せる」ことがとても簡単に達成できる、という印象を多く持つ人がいらっしゃるかもしれません。

 

体脂肪を1kg減らすためには、約7700kcal減らさなくて行けません。フルマラソンで2000kcal以上ですので、体脂肪1kg減らすのにも相当大変なのは想像がつくかと思います。

 

人間の基礎代謝は1200~1500Kcalが平均ですので、食事を全くしないでフルマラソンをする、という生活を2日間行えば、体脂肪は1kg減る、という計算になりますが、そんな生活をできる人は先ずいません。

 

減量食を始めると、食塩摂取量が減り、胃腸に溜まっていた物が減るので最初の数日で体重が減り、喜ぶ方もいるのですが、体脂肪が減ったわけではないので、この時点で元の量を食べたら、また体重が増えてしまいます。

 

このように体重と共に大切な体脂肪を減らすことは、短期間では達成できず、長い道のりが必要だということご理解いただけたらと思います。

 

本気で痩せるなら、「修行をする」といういうと大げさかもしれませんが、そのくらいの心意気でないと身体は変りません。それでは、「気合いで乗り越える」のかという、これもまた違います。

 

大切なのは生活習慣をいかに整えらるか、その為には「行動変容」や「脳の特性」を理解した状態で、ダイエットに取り組みことが必要です。

 

体験をご希望の方はホームページからお申し込みをお願い致します。