鼻呼吸と冷え性の関係性

おはようございます。横浜市中区本牧原バス停前にある横浜筋トレスタジオです。

 

今朝は7時から本牧市民公園で野球選手のサポートからスタートでした。

 

秋晴れで気持ち良かったですが、あと一週間で11月ということもあり、少し涼しい季節となりました。

 

さて、今回は鼻呼吸と冷え性についての関係性についてです。

 

 

冷えの改善は鼻呼吸で一酸化窒素を!

口呼吸が習慣化されることで、身体にとって様々なリスクが伴うということは前回の記事でお伝えさせていただきました。健康にとって鼻呼吸は体外から侵入してくる病原菌やバクテリアをやっつける効果があり、結果的に免疫力向上にもつながります。

 

何よりも鼻呼吸をすることで「NO=一酸化窒素」を生産することができるのが身体にとって、最大のメリットであります。

 

この「一酸化窒素」何が良いの?ということになるわけですが、主な役割としては「血管の拡張や収縮をコントロール」です。

 

鼻からゆっくりと息を吸うことで、一酸化窒素が生成されて肺、血管へ入り込んで行きます。「ゆっくり弱く」というのがポイントであり、「早く強く」吸い込むをあまり生成されないので、気持ちを穏やかに鼻呼吸を行なってみてください。

 

また、体内の一酸化窒素は短時間で体内から消えてしまうので、一回行なったら良いという訳ではなく、鼻呼吸を継続化して、一酸化窒素を常に体内に取り込めるように意識をして行きましょう。

 

血液の流れをよくしていくことで、身体が温まり、これからの季節冷え性にお悩みの方にはお勧めです。

 

横浜筋トレスタジオでは「筋肉をつけたい」「ダイエットしたい」「関節を柔らかくしたい」「スポーツに役立つトレーニングがしたい」「関節の歪みをなおしたい」「関節の悩みを解決したい」「カラダの不調を改善したい」というご要望に対して、正しいカラダの使い方、正しい運動の仕方、他業種の専門家との連携などで問題解決を行なっております。

60分体験(7,500円税込)をご希望の方は080-3505-9738
にて受付中です。